見えないところもオシャレに決める!女子力UPインナーがお買い得

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「気がめいる陰うつな映画」30本!

「気がめいる陰うつな映画」30本 英誌が選出
http://news.livedoor.com/article/detail/5156491/

おはようございます。ども。

英映画誌TOTAL FILMが、「気がめいる陰うつな映画30本」を発表、
第1位に選ばれたのは、ダーレン・アロノフスキー監督が
薬物依存によって破滅していく人間の姿を描いた衝撃作
「レクイエム・フォー・ドリーム」(2000)
だったそうです。
わたしもこれは見ましたが、そこまでではなかったかな。
暗かったけど、気が滅入るほどではなかったかと。

なお、日本映画は「火垂るの墓」が17位にランクインですって。
これは気が滅入りますよね~、えっちゃんが可哀想で、
お兄ちゃんの献身的な姿も切なく・・・3度見て
3度号泣した映画です。

上記2つの映画以外でトップ30の中で見たことのある映画は、
「ダンサー・イン・ザ・ダーク」「日蔭のふたり」、
「エレファント・マン」、「ホテル・ルワンダ」、
「ナイロビの蜂」、「ミリオンダラー・ベイビー」、
「キリング・フィールド」、「パッション」、
「カッコーの巣の上で」、「リービング・ラスベガス」、
「縞模様のパジャマの少年」など。

スポンサーサイト
カテゴリー
最近の記事
注目の記事
おすすめ


ブログランキング
ブログランキング

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。