見えないところもオシャレに決める!女子力UPインナーがお買い得

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の胃がん発病率は世界一!

中国の胃がん発病率は世界一、不健康な食生活が最大の原因―中国メディア
http://news.nifty.com/cs/world/chinadetail/rcdc-20110204016/1.htm

こんにちは。

2月4日は「世界対がんデー」で、国際対がん連合(UICC)の
呼びかけにより、世界各国の対がん組織と協力して
がんの予防や治療などに対する意識向上をはかる
活動が行われるそうです。
いつの間にこんな日ができたのでしょう?
お恥ずかしいながら今初めて知りました。

中国網によると、不健康な食生活が影響しているのか、
中国人の胃がん発病率は世界で最も高い水準にあると
見られているとのこと。
中国衛生部の調べによると、がんによる死者総数に
占める胃がんの割合は23.2%にも達しているとか。
すごい割合ですね。

胃がんは食生活や遺伝など多くの要因が重なって
発病するとされるが、とくに焦げ目のついた料理や、
塩分の高い料理、過度な飲酒など、食生活の乱れが
胃がんの発病を助長させている、とありますが、
中国といえば、日本と比較にならないほど食の安全が
脅かされていますよね。

スポンサーサイト
カテゴリー
最近の記事
注目の記事
おすすめ


ブログランキング
ブログランキング

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。