見えないところもオシャレに決める!女子力UPインナーがお買い得

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東電が“白旗”?仏に支援要請!

東電“白旗”仏に泣きついた…「統制不能」原発先進国へ支援要請
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110329-00000048-sph-soci

こんにちはー。ども。

フランスのベッソン産業相はフランスのラジオ番組で、
福島第一原発事故を受けて東京電力が仏電力公社(EDF)と、
仏原子力庁、仏原子力大手アレバについて支援を要求された事を
明らかにしています。

東電はこれまでも十分に対策をしてきたと思います。
ただ今回の震災による被害は完全に想定外のできごとで、
東電は出来る事をすべてやったのではないかと感じます。

しかし事態は一向に収束に向かっている気配を感じることなく、
事故の統制不能に陥ったものと考えるのが海外での見方で、
そのことはフランスでも深刻視されています。

しかも東電は福島第一原発の敷地内の土壌からプルトニウムを
検出したと発表していますから、事態はますます深刻な状況へ
追い込まれていると言えるのです。

フランス原子力安全局のラコスト局長は記者会見で、
今回の事故状況から考えて「30キロ圏外に汚染が広がり、
農作物などにも影響が出ている事は明らか。汚染が100キロ圏に
広がったとしても全くおどかない」と恐ろしい発言をしたようです。

実際にプルトニウムが土壌から検出されているわけですし、
私たちはこの事をより深刻に考え直さなくてはいけないかもしれません。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

カテゴリー
最近の記事
注目の記事
おすすめ


ブログランキング
ブログランキング

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。