見えないところもオシャレに決める!女子力UPインナーがお買い得

東電、役員報酬5割減でも2000万円!!

東電、役員報酬5割減でも平均2000万円超 「無給が筋」続々
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110504-00000083-san-bus_all

おはようございます。どもっ。

福島第1原子力発電所の事故に伴う対応の一環として
東京電力が発表した「役員報酬50%削減」に
「まだ高い」との批判がくすぶっているようです。
半減しても平均で2千万円超で、
「会長、社長は無給が筋」といった声や、
政府の連帯責任を訴える指摘がやまないとのこと。

東電は平成19年11月、新潟県中越沖地震による
柏崎刈羽原発の事故で、常務以上の年間報酬を20%削減、
今回は削減幅を大幅に拡大、影響の大きさを踏まえると同時に、
約540億円を捻出し、被災者への補償に
充てる狙いがあるようですが、海江田万里経産相は、
勝俣恒久会長や清水正孝社長を念頭に
「まだカットが足りない」と述べたとか。

わたしもそう思います。
足らない分は電気料値上げなんて冗談じゃありません。
これだけの騒ぎにしておきながら年俸2千万もらえるというのでは
被災地の方々だけではなく国民感情にも良い影響を
与えないのではないでしょうか。
今ただでさえ不景気で国民の平均年収が下がっている状態で、
不祥事は起こしましたが2千万はもらいます、
では通らないと思います。
もっとも、政府にも責任は大いにあるので
東電をスケープゴートにすることなく真摯な対応を
見せていただきたい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

カテゴリー
最近の記事
注目の記事
おすすめ


ブログランキング
ブログランキング

RSSフィード