見えないところもオシャレに決める!女子力UPインナーがお買い得

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイアモンド☆ユカイ、無精子症でも幸せ

ユカイ、無精子症でも幸せ「種なし」パパ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110619-00000001-sanspo-ent

ども。おはようさんです。

ロック歌手で俳優のダイアモンド☆ユカイ(49)さんは、
今年の11月には双子の赤ちゃんが誕生し、計3児のパパになる予定ですが、
彼が実は無精子症と診断されていた過去をこの度明かしました。

7月21日発売になる著書「タネナシ?」で明らかにしているそうです。
不妊治療の末に体外受精で昨年2月に長女を授かったユカイさんは、
その経緯などを赤裸々に告白しているそうです。

サンケイスポーツが行った独占取材の中でこれまで語られる事のなかった
秘密を打ち明けたそうです。

ユカイさんは97年に女優の三浦理恵子と結婚し2001年に離婚していました。
今の奥さまとは再婚を機に子作りを真剣に考えたというユカイさんでしたが、
高齢出産を懸念した奥さまが病院で検査を受けた際に「妻に原因がなかったので、
年の為に男性も・・」と診断を勧められ、受診して分かったのが
「無精子症」だったというのです。

ユカイさんは自分の事を「デタラメだった」と話します。
“年をとっても男は子どもができるとタカをくくっていたらダメだと、
何より女性だけに不妊の苦しみを負わせちゃいけない”と話すユカイさんですが、
自身の経験から出る言葉は非常に重く感じました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

カテゴリー
最近の記事
注目の記事
おすすめ


ブログランキング
ブログランキング

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。