見えないところもオシャレに決める!女子力UPインナーがお買い得

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参院選出馬の今井絵理子氏を身体検査したのか


7月の参議院選挙まで約半年あるにもかかわらず、
早くも自民党の“目玉候補”として立候補を表明した今井絵理子氏(32)。
聴覚障害のある長男(11)を持つシングルマザーとしても知られる彼女は、
若い子育て世代を取り込む逸材として期待されている。


2月9日に自民党本部で開かれた出馬会見では、
茂木敏充・選挙対策委員長が自ら「きょうは白い服で、
『White Love』の通りではないか」とSPEEDのヒット曲に引っかけて彼女を紹介する異例の好待遇。


甘利明・前経済再生相の辞任を皮切りに相次ぐ党内スキャンダルや失言連発で逆風が吹き始めた安倍自民にとって、
今井絵理子氏の出馬は起死回生の一手といえよう。
そんな今井絵理子氏は出馬直後、
別の形でも騒がれた。
「シングルマザー」という触れ込みの彼女には、
実は交際相手がいたと複数の週刊誌で報じられたのである。
今井絵理子氏の地元・沖縄の同級生A氏だ。


「Aは今井絵理子さんと同じ地元の学校を出てからLED電球を売る会社を立ち上げて社長になり、
『俺はこのビッグビジネスの波に乗って儲ける』といっていたけどすぐ潰れた。
それで風俗業界に詳しい人間と2人で数年前に松山で風俗店を始めたんです。
店舗型のピンサロのような形態ですね。


その後、
今井絵理子さんと同窓会で再会して、
付き合いはじめたそう。
今井絵理子さんはAが風俗店をしているのが嫌で、
『自分と一緒に本土で暮らそう』といっていたらしく、
頻繁に内地に行っては、
働き先として福祉施設を紹介されたりしたらしい」


しかし、
今井絵理子氏と付き合って以降も、
A氏は風俗店の経営から手を引くことはなかった。
2015年3月、
中学生を含む少女3人にみだらな行為をさせたとして、
店員の男性と2人で風営法・児童福祉法違反の容疑で那覇署に逮捕されたのだ。
当時の地元紙・沖縄タイムスにはこう報じられている。


〈那覇市松山のテナントビルの一室で、
14歳の女子中学生と16歳と17歳の無職少女2人を雇い、
男性客相手にみだらな行為をさせた疑い〉

実際にその風俗店で働いていた元店員の男性は本誌の取材に、
「中学生を雇っていたのは事実で、
自分が逮捕されなかったのは本当に幸運だった」と振り返る。
釈放されたA氏は、
ただちに風俗店を畳んだ。


今井絵理子さんがAを絶対連れて行くと強く決めたようで、
昨年5月に沖縄から出て行く直前、
Aが挨拶に来た。
『これからはまじめになる』が最後の言葉だった」(前出・デリヘル経営者)



もちろん、
A氏と今井絵理子氏が「まじめ」に交際すること自体を否定するつもりはない。
だが、
今井絵理子氏が「シングルマザー」として子育て世代からの集票を見込んで出馬する以上、
中学生を風俗店で働かせていたA氏の過去が、
影響を与える可能性は高い。




スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

tag : 今井絵理子

カテゴリー
最近の記事
注目の記事
おすすめ


ブログランキング
ブログランキング

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。