見えないところもオシャレに決める!女子力UPインナーがお買い得

南シナ海の監視に「TC90」を利用


日本政府は、退役した海上自衛隊の練習機「TC90」をフィリピン海軍に貸与する方針を固めた。


フィリピン側は、中国による南シナ海での海洋進出の動きに対し利用する。


フィリピン海軍がこれまで警戒・監視に利用していた航空機は、行動半径が狭く、「中国が進出する南シナ海のスプラトリー(南沙)諸島全域を監視して戻ってくることは難しい」。

フィリピンは南沙諸島のスービ礁、ミスチーフ礁などで中国と対立している。


TC90の行動半径はフィリピン軍機の2倍以上で、南沙諸島の大半をカバーできるという。

練習機であるTC90には、レーダー類などがほとんど搭載されていないが、当面は目視による警戒・監視に利用する。


中谷防衛相が今春にもフィリピンを訪問し、貸与で正式合意する。貸与されるTC90は、最大5機となる見通しだ。


日本政府はベトナムやフィリピンに対し、政府開発援助(ODA)を活用した巡視船の供与などを進めている。


しかし、ODAは非軍事分野に限定されるため、海自の装備品であるTC90には適用できず、2014年4月に閣議決定した武器輸出を原則認めた防衛装備移転3原則に基づく貸与となる。

フィリピン側の負担は、年間数百万円程度とみられている。




スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

tag : TC90

カテゴリー
最近の記事
注目の記事
おすすめ


ブログランキング
ブログランキング

RSSフィード