見えないところもオシャレに決める!女子力UPインナーがお買い得

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディズニーランドから追い出し & 出禁


本当の出来事か、都市伝説か「ディズニーランドは夢と魔法を壊そうとする者には容赦しない」というお話です。


その1:“覚せい剤” の冗談で出禁

スタッフの対応に待ちくたびれたデイヴィッド・スウィンドラーが「待っている間に、部屋で覚せい剤の密造所が作れるな」と冗談で言ったら、ホテル側が彼の発言を警察に通報。スウィンドラーさんと家族は、ホテルから追い出されることになってしまったとそうです。

追い出されただけでなく、ディズニーパークへの一生涯の出入り禁止が言い渡されたスウィンドラーさん。「バカな発言だった。“核兵器を作れる” と言っておけば、冗談だって分かってもらえただろう」と後悔しています。


その2:キャストを殴って出禁
ニュースサイト『Orlando Sentinel』によると、2013年に米海軍兵学校の卒業生が、“フード・アンド・ワイン・フェスティバル” にて酔っぱらって大暴れ。従業員3人を怪我させて逮捕。


その3:難病の子供をバカにして騒いだことで出禁
ディズニー・ワールドにて、難病の子供たちの夢を叶えるプログラム “メイク・ア・ウィッシュ” に参加した少年と家族。そのプログラムを利用してアトラクションに優先搭乗する彼らを見た1人の女性が、「ズルい」「そんな子供に横入りさせるな」と大騒ぎ。

スタッフがなだめても女性は「そんなもん知ったこっちゃない。マネージャーを呼べ」と。するとマネージャーがやって来て、女性に出禁を命じたそうだ。


その4:全身タイツで出禁
全身タイツ姿でディズニーランドを訪れたという男性2人。スペース・マウンテン終盤にある写真撮影で、 NG 判定が!彼らがタイツを頭からかぶり、完全な全身タイツ姿になってカメラに収まったところ、セキュリティから「今、何をしていた」などの質問攻めに。最後に「君たちはパークにふさわしくない。二度と戻ってこない方がいい」と告げられ、園外までお見送りされたそう。




スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

tag : ディズニーランド 出禁

カテゴリー
最近の記事
注目の記事
おすすめ


ブログランキング
ブログランキング

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。