見えないところもオシャレに決める!女子力UPインナーがお買い得

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボトル缶の「生原酒」





日本盛のボトル缶「生原酒」をご紹介。



常温で保存できて、出来立ての

フレッシュな美味しさを味わえるそうです。



通常日本酒は、製造後、殺菌と品質を安定させるために、

60℃~65℃で二回の火入れ(加熱処理)を行います。



また出来立ての日本酒は、

そのままではアルコール度数が20度前後と高いので、

仕込み水を加えて(割水)、アルコール度数を下げ味を整えます。

その、火入れと割水をしないものが、「生原酒」となるわけです。



本醸造は「コクと旨み豊かな濃厚な味わい 鮮度感あふれる瑞々しい香り。」

大吟醸は「華やかに香る豊かな吟醸香と 深みがありながらすっきりとした味わい。」



生原酒。ぜひ、飲んでみたいですね。






スポンサーサイト

テーマ : 食に関するニュース
ジャンル : ニュース

tag : 生原酒 本醸造 大吟醸 日本盛

カテゴリー
最近の記事
注目の記事
おすすめ


ブログランキング
ブログランキング

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。